任意自動車保険

自動車保険には大きく分けて、「自賠責保険」と「任意自動車保険」があります。自賠責保険とは被害者の救済を目的とした、つまり他人への補償のみを対象にしたものであります。もう一方の任意自動車保険について詳しく説明していきたいと思います。

任意自動車保険の必要性

任意自動車保険の種類

ダイレクト系と代理店系の自動車保険

ダイレクト系自動車保険とは?

ダイレクト系自動車保険は、別名「通販型自動車保険」とも言われていて、インターネットや電話で商品(保険)を購入することができます。ダイレクト系自動車保険の一番の魅力はその「安さ」…

代理店系自動車保険とは?

代理店系自動車保険は大手自動車保険会社から、業務委託された個人事業者の事を言います。大体1人で仕事をしている人が多く気軽に個人宅に訪問して、新規契約、更新等の手続きを代行してくれます。ダ…

ダイレクト系自動車保険・代理店系自動車保険の違い

ダイレクト系自動車保険は、損保会社の専用のウェブサイトを使って契約手続きを行うことができ、時間的な理由から店頭に足を運ぶことが難しい人に最適です。また、損保会社の中にはダイレクト系自動車…

任意自動車保険の選び方

とにかく保険料を安く抑えたい

任意自動車保険を取り扱うのは損害保険会社ですが、大きくはネット保険と代理店保険とに分けられます。代理店というのはディーラーや中古車販売店、自動車修理工場などで取り扱っている保険です。ネット保険はインターネットで契約をする保険のことです。 代理店で保険の契約をする時は、資格をもった営業担当者が補償内容と運転者の条件等をわかりやすく説明してくれるので保険に不慣れな人でも安心です。ネット保険の契約の際はそれらをすべて自分で決めなくてはならないので、ある程度の保険の知識が必要です。しかし保険料は一般的に代理店のほうがネット保険に比べると高くなることが多いようです。保険料をとにかく安く抑えたい人にはネット保険がおすすめです。

契約の手軽さや更新時期の告知も重要なポイント

ネット保険はインターネットで24時間いつでも都合のいい時間に契約・更新ができるので手軽で便利ですが、更新を忘れないようにしなければなりません。任意自動車保険は契約年数が長くなればなるほど保険料が下がってお得になります。うっかり更新を忘れてしまって、せっかく積み上げた等級がふりだしにもどってしまうようなことは絶対に避けたいものです。代理店契約であれば担当者から契約者に直接更新の告知があるので、更新忘れはまず起きないでしょう。ネット保険でも更新の告知はもちろんありますが、期日までに契約更新がなされない場合のフォローはありませんので、自身できちんと期間内に更新手続きを行うようにしましょう。ネット保険には早期割引特典がついていることが多いので、更新は早めにすませておくと保険料もさらに安くなっていいですね。

自動車保険の任意保険加入の必要性

自動車保険は、強制保険と任意保険に分かれています。任意保険の加入は義務ではありませんが、事故の際に強制保険だけでは補償をカバーしきれない事が多く、相手が納得いく補償をす為には任意保険の加入が重要です。