代理店系自動車保険とは?

身近に感じる代理店系自動車保険

代理店系自動車保険は大手自動車保険会社から、業務委託された個人事業者の事を言います。大体1人で仕事をしている人が多く気軽に個人宅に訪問して、新規契約、更新等の手続きを代行してくれます。ダイレクト系自動車保険は最近ネット手続きで人件費を削減し、大分安い業者も出て来ています。書面でのやり取りやネットの入力だけなので、顔が見えなく不安になります。その点代理店系自動車保険は定期的に顔を見せてくれて、何かあれば直ぐ来てくれて安心感があります。自動車保険料の安さを追求し書面やネット入力は難なくこなせ、訪問や電話のやり取りが煩わしい人はダイレクト系自動車保険がいいかも知れません。どちらを取るのかは1人1人の好みだと思います。

手軽で融通が利く代理店系自動車保険

代理店系自動車保険の利便性を例に挙げると、家族の車が増えて新しく自動車保険に加入するとします。搭乗者が若いと保険料が高くなりますが、予め入っていた他の保険を書き換えれば安くなります。そして年齢がある程度満たしている人が新規に入れば若い人が入るより安くなり、家族の自動車保険の支出が減額されます。ダイレクト系自動車保険はこのよう事はしてくれません。あったとしても手続きは難解になり、ネットでの入力ではまず無理で書面でのやり取りを繰り返す事になります。何故ならダイレクト系自動車保険は、人件費削減の為事故対応に人を割いているからです。自動車保険料が安い場合は、ある程度割り切りが必要です。安心感や利便性を求めるならば、代理店系自動車保険でしょう。