任意自動車保険の必要性

任意の自動車保険で相手の損害賠償ができる

自動車事故はできれば起きない方が良いでしょう。しかし現実には全国のどこかで毎日のように起きています。自動車事故には加害者と被害者がいて、被害者は大きな損害を被るときがあります。被害者が亡くなっているなら、被害者の家族などに対して加害者は損害賠償をしなければいけません。一応自賠責保険では一定額までは対人損害賠償をしてくれます。しかし上限が3千万円に設定されていて、それ以上の損害があっても自賠責からは支払ってもらえません。加害者側が十分な資産を持っていて資産で収まる損害賠償なら問題ありませんが、十分な資産を持っていなければ被害者は十分な損害賠償を受けられない状態になります。任意保険であれば相手への損害賠償を保険会社が行ってくれます。自分のために加入するのではなく、損害を受けた人のために入る保険と言えます。

任意の自動車保険なら示談交渉をしてもらえる

世の中は法律で色々な内容が決められています。日常生活を普通に送るにあたっては細かい法律をすべて知る必要はありません。一定のルールを知っていれば済むでしょう。しかし交通事故となると難しい法律問題を考慮した話し合いが必要になります。一般の人が交通事故の加害者や被害者になったとき、自分でその交渉をするのは難しいですし問題があります。任意の自動車保険に加入していれば、保険会社が示談交渉をしてくれます。又特約をつけておけば弁護士が示談交渉してくれる時もあります。加害者の時は必要以上の損害賠償をされないようにする必要がありますし、被害者なら十分な損害賠償を受けなければいけません。法律知識がないなら加入が必要になるでしょう。