ダイレクト系自動車保険・代理店系自動車保険の違い

ダイレクト系自動車保険は初めての人も契約手続きが簡単にできる

ダイレクト系自動車保険は、損保会社の専用のウェブサイトを使って契約手続きを行うことができ、時間的な理由から店頭に足を運ぶことが難しい人に最適です。また、損保会社の中にはダイレクト系自動車保険の加入者を対象に、保険料の割引を行っているところもあり、月々の経済的な負担を少なくしたい場合には、会社ごとの料金の仕組みを理解しておくと良いでしょう。大手の損保会社の中には、パソコンやスマホを使って年齢や車種、事故歴などを入力することで、簡単に保険料の計算ができるシステムを導入しているところもあります。そこで、契約先の選び方について悩んでいる時には、損保会社の会員向けのサポートの良し悪しにも目を向けましょう。

代理店系自動車保険は契約前に複数の損保会社の特徴を比較できる

代理店系自動車保険は、ダイレクト系よりも保険料がやや高く設定される傾向がありますが、契約前にファイナンシャルプランナーなどの専門家の説明を聞きながら、複数の損保会社のプランの特徴を比較できます。また、自動車保険の料金の支払いが難しくなったり、契約更新の手続きを行ったりする際にすぐに担当者に相談ができ、保険に関する知識がない人でも安心です。また、代理店の中には、自動車保険だけでなく医療保険や生命保険も扱っているところも多く、定期的に保険の見直しをすることも可能です。なお、代理店によって顧客へのサポートの内容や、得意な保険商品の種類が異なるため、口コミを参考にして条件に合うところを探してみましょう。