任意自動車保険の種類

任意自動車保険は複数の保険の集合体

任意自動車保険は、自賠責のような形ではなく、その人のニーズに合わせて特約を組み合わせたものとなります。基本的な種類としては賠償責任保険・傷害保険・車両保険の3つです。保険会社で取り扱っている任意自動車保険は、これら3つを組み合わせた形がメインとなります。
賠償責任保険は、対人賠償保険・対物賠償保険に分かれており、万が一物や人にぶつけてしまった時の賠償を行うための保険です。対人は保険に加入している人や家族特約、同乗者特約に含まれる人ではなく、あくまでも事故の相手方を補償するための保険となります。事故で相手を怪我させてしまった、知らない人の家の塀にぶつけてしまったという場合の補償に適用される保険です。

自損や盗難にあったときにも適用される物

傷害保険は、保険に加入している人や家族、同乗者が怪我を負ったときや、事故の被害者になったとき、相手が対人賠償保険に加入していない時に対応している物です。種類としては、自損事故保険・搭乗者傷害保険・無保険車傷害保険・人身傷害補償保険となっています。うっかり自爆した時に一緒に乗っていた人が怪我をした場合等に適応されますが、相手がいる事故の場合には相手側の保険が適用される可能性が高いです。
車両保険は自分で使っている車が事故に遭遇した時ではなく、盗難や当て逃げされた時に適用される物で、補償額の内容は車の年式や、車の名前、用途等から保険会社によってある程度補償額が定められるといいます。
これらの補償内容以外にも、多数の特約を組み合わせてライフスタイルや価値観にあった形の保障を用意することが、任意自動車保険の特徴です。