ダイレクト系自動車保険とは?

ダイレクト系自動車保険は自動車保険の通信販売

ダイレクト系自動車保険は、別名「通販型自動車保険」とも言われていて、インターネットや電話で商品(保険)を購入することができます。
ダイレクト系自動車保険の一番の魅力はその「安さ」ではないでしょうか。
ただ、「安い」だけでは、万一事故があったときのことを考えると不安ですが、割安の保険料で代理店系の自動車保険と同等の内容が受けられるものがほとんどです。
では、なぜダイレクト系自動車保険は保険料を「安く」することができるのでしょうか?
それは、代理店への中間マージンがないためです。
代理店系の自動車保険料には、保険料に代理店への手数料が入っていますが、ダイレクト系自動車保険は代理店へ支払う手数料がないため、代理店系の自動車保険よりも保険料が安く済むのです。

まずは見積もりをとってみましょう

インターネットを通じていくつかダイレクト系の自動車保険を調べてみて、見積もりをシミュレーションしてみましょう。 見積もりをシミュレーションする時には、現在加入している自動車保険の証券がある場合はそちらを見ながら入力をしていくと、スムーズに見積もりをシミュレーションすることができます。 インターネットなら、まとめて見積もりを取れるサイトもありますので、そちらを利用するのもいいでしょう。 インターネットが苦手、もしくは保険用語がよく分からない方は電話で申し込む方法があります。 ただ電話での申込みの場合、電話のオペレーターを通しているのでその分、保険料が高くなることが多いです。 インターネットであれば、24時間365日いつでも好きなときに比較・検討・申込みができるので気軽に見積もりをシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。